読売新聞へようこそ■イベント

海外派遣ISEF

ISEFに出場するには

関連リンク

日本学生科学賞では高校の部入賞作品の中から、毎年5月に米国で開催される世界最大の学生科学コンテスト国際学生科学技術フェア(ISEF)に、代表派遣しています。

ISEFまでの多彩な研修とメンター制度で国際レベルに!

 日本学生科学賞では、代表作品をISEFに派遣するにあたり、研究を国際レベルに高めるため、専門家の先生による助言や英語力の強化など手厚いサポート体制を敷いています。大舞台に挑むまでの研修制度をご紹介します。

1月

第1回 ISEF派遣者決定・説明会

 研究者(ISEF派遣者)・指導教諭・メンターに就任されている中央審査委員の先生が一堂に会して説明会を行います。
 過去の出場者や、ISEF審査員の経験者による講演会で意識を高めた後は、論文のまとめ方や発表を指導をいただくメンターの先生との打ち合わせを行います。大学教授から直接アドバイスが受けられる貴重な4か月間の始まりです。

3月

第2回 ポスター・スピーチ研修

 第1回研修後も、メール等でメンターの先生 とのやり取りを続け、「Abstract」「Research Plan」などを完成させていきます。
 3月の第2回研修では、再び派遣者とメンターの先生が顔を合わせ、本番で使用する英文ポスターやスピーチ原稿について、活発な議論を繰り広げます。2日間の研修を通じて、派遣者同士の親睦も深まります。

4月

第3回 プレゼン研修

 出発を約1か月後に控え、制作中のポスターを使って英語発表を繰り返し練習します。想定される質問への対応方法など、メンターの先生から専門的なアドバイスを受け、本番までに改善すべき課題を洗い出します

5月

いよいよ本番!

 現地入り後も、通訳に発音や表現法などを指導してもらいます。会場内のロビーなど、本番直前まで練習を重ねることで、自信の源になります。

ISEF2015審査風景

ISEF2018掲載記事

読売新聞 2018年5月19日夕刊掲載記事

動物科学部門で3等に入賞した井川恭平さん 研究内容を紹介する井川さん 提供:日本サイエンスサービス

 世界最大の科学コンテスト「国際学生科学技術フェア」(ISEF)の本賞に当たる優秀賞が18日、米ペンシルベニア州ピッツバーグで発表され、慶応大環境情報学部1年の井川恭平さん(18)が、佼成学園高(東京都)在籍時に取り組んだアブラムシの種分化に関する研究で、動物科学部門3等を受賞した。
 昨年の日本学生科学賞(読売新聞社主催、旭化成協賛)の代表として出場した井川さんは、「役に立つかどうかよりも、アブラムシが好きで研究した。成果が認められたのは意外だったが、うれしい」と話した。今回のISEFには81か国・地域の約1800人の高校生らが参加した。

読売新聞 2018年5月19日朝刊掲載記事

米特許商標協会賞を受賞した浜野さん 提供:日本サイエンスサービス ブースで自作モデルを紹介する浜野さん 提供:日本サイエンスサービス

 世界最大の科学コンテスト「国際学生科学技術フェア」(ISEF)の特別賞が17日、米ペンシルベニア州ピッツバーグで発表され、埼玉県立坂戸高3年の浜野柊歩(しゅうほ)さん(17)が、米特許商標庁協会賞2等を受賞した。災害時に使える効率的な電池の研究を発表した浜野さんは「自分なりの独創的な電池が評価されたと思う」と喜びを語った。浜野さんは、日本学生科学賞(読売新聞社主催、旭化成協賛)で文部科学大臣賞を受賞した。