読売新聞へようこそ■イベント
美術館連絡協議会 美連協について English 美術館連絡協議会
-
展覧会紹介
没後40年 濱田庄司展
大阪市立東洋陶磁美術館所蔵 堀尾幹雄コレクションを中心に
2018/6/21
picture
濱田庄司《青釉白黒流描 大鉢》
1951(昭和26)年頃
大阪市立東洋陶磁美術館
堀尾幹雄コレクション
濱田庄司(1894〜1978)は、柳宗悦らとともに民藝運動を推進し、「民藝陶器」で第1回重要無形文化財保持者(人間国宝)に認定された、日本を代表する陶芸作家です。
本展は濱田の器を長年蒐集し、日常生活で使い続けたコレクター、故・堀尾幹雄氏(1911〜2005)が、大阪市立東洋陶磁美術館へ寄贈した約200点の作品を中心に、濱田の器の魅力を紹介するものです。

世田谷美術館   2018年6月30日(土)〜8月26日(日)


-
美術館連絡協議会 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社事業局 TEL.03-3216-8664 FAX.03-3216-8978