読売新聞へようこそ■イベント
美術館連絡協議会 美連協について English 美術館連絡協議会
-
トピックス
「イタリアの印象派 マッキアイオーリ展」開幕(東京都庭園美術館)
2010/1/29
picture
旧朝香宮邸のアール・デコ建築の館内で、熱心に作品を観て回る入館者たち
フランスの印象派に先駆けて光の描写を追求した絵画などを紹介する「イタリアの印象派 マッキアイオーリ」展が16日、東京都・白金台の東京都庭園美術館で開幕しました。
 開幕式には、ヴィンチェンツォ・ペトローネ駐日イタリア大使やウンベルト・ドナーティ・イタリア文化会館館長、フィレンツェ美術館のクリスティーナ・アチディーニ特別監督局長、小林一朗・読売新聞東京本社事業局次長らが出席。
 ペトローネ駐日イタリア大使が、「イタリアの歴史と密接に関わっているマッキアイオーリを日本で紹介することは大変意義のあることで、望外の喜び」と挨拶したのに続き、アチディーニ・フィレンツェ美術館特別監督局長が、「日本の人々にルネサンス以外にもイタリアには素晴らしい絵画があることを知ってほしい」と話しました。
 19世紀のイタリア統一運動を背景に、イタリア・トスカーナ地方の田園風景や日常風景などを大胆な斑点(マッキア)を使って描いた画家たち「マッキアイオーリ」。
 本展では、屋外に飛び出し、目の前に広がる現実の瞬間を大胆な斑点(マッキア)を用いていきいきと描いた若き芸術家の油彩画など63点を紹介します。
 2月11日(木・祝)、2月25日(木)、3月11日(木)の各日午後3時30分から、学芸員が作品についてわかりやすく解説する「フロア・レクチャー」があります。(観覧券が必要)。
 また、3月5日(金)には、イタリア関係の展覧会を数多く手がけてきた同館・井関正昭館長の講演会「イタリア・わが回想」があります。「フロア・レクチャー」、ミニ講演会とも、展覧会入館者対象で無料です。
 展覧会、及びイベントのお問い合わせは、東京都庭園美術館まで(電話03・3443・0201まで)。

展覧会の詳細は、同美術館HP へ。




展覧会の内容はこちら



-
美術館連絡協議会 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社事業局 TEL.03-3216-8664 FAX.03-3216-8978