読売新聞へようこそ■イベント
美術館連絡協議会 美連協について English 美術館連絡協議会
-
トピックス
特別展「知られざるタオの世界 道教の美術」(東京・日本橋)好評開催中
2009/7/31
 古代中国で生まれ、不老長寿を理想とする「道教(どうきょう)」に関連する美術品約170点から、その限りない世界を紹介する特別展「知られざるタオの世界 道教の美術」が、東京・日本橋の三井記念美術館で開催中です。「道教の美術」をこれだけ広範囲に集めて開催される展覧会は日本では初めてとなります。「見たこともない」作品が目白押しです。

 9月6日まで開催。月曜休館。開館時間は午前10時〜午後5時まで(入館は午後4時30分まで)。一般1200円、高校・大学生700円、70歳以上(要証明)900円、小・中学生、障害者とその介護者(1人)は無料。

 8月11日(火)〜15日(土)は午後8時まで開館します。午後5時以降の入館料は一般900円。高校・大学生400円。
 問い合わせはハローダイヤル(03・5777・8600)へ。詳細は、同館ホームページまで。


「道教の美術」展覧会紹介


-
美術館連絡協議会 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社事業局 TEL.03-3216-8664 FAX.03-3216-8978