読売新聞へようこそ■イベント
美術館連絡協議会 美連協について English 美術館連絡協議会
-
トピックス
「大岩オスカール 夢みる世界」展 高松開幕
2009/7/27
picture
子どもたちに作品に込めたメッセージを語る大岩オスカール氏
 サンパウロ、東京、ニューヨークとメトロポリタンを拠点に、豊かな物語性と批判精神で自らが暮らす街を描いてきた日系ブラジル人画家、大岩オスカールの大規模な個展「大岩オスカール 夢みる世界」展が24日、高松市美術館(香川県)で開幕しました。
 本展近年とみに国際的な評価が高まっているこの越境の画家・大岩オスカールの複眼的世界観を、サンパウロ時代の初期作品から、ニューヨークで描かれた最新作まで、瑞々しい絵画作品など約80点を通して紹介します。
 常に自分自身の生活する場からスタートし、自然、社会との関わりあいを問いながら独自の作品世界を確立していく大岩の姿勢、その独創的な作品群は、同時代を生きるすべての者に、「想像する力」を問いかけてきます。
 初日には、本展のために来日した大岩オスカール氏が市内の中学生約50人を対象にガイドツアーを行い、展示作品のモチーフや背景について語りました。
また翌日は、午前中に小学生対象のワークショップが行われ、会場で作品を鑑賞した子どもたち約20人が、自ら筆を取り、思い思いの一品をオスカールさんと一緒に描きました。
 午後からは、アーティストトークが行われ、オスカールさんが、自らの半生に触れた後、これからの創作活動について語り、熱心な聴衆との間で、質疑応答が行われました。
 8月15日と22日の土曜日は、午後2時から担当学芸員のギャラリートークがあります。お問い合わせは、同美術館(087・823・1711)へ。
 一般・大学生1000円、高校生500円、小中学生300円。会期は、9月6日まで。


「大岩オスカール 夢みる世界」展覧会紹介


-
美術館連絡協議会 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社事業局 TEL.03-3216-8664 FAX.03-3216-8978