読売新聞へようこそ■イベント
美術館連絡協議会 美連協について English 美術館連絡協議会
-
トピックス
「八犬伝の世界」展(千葉)開幕
2008/9/16
picture
展示人形を熱心に見入る来場者
 わが国最大の長編伝奇小説「南総里見八犬伝」で江戸に一大ブームを巻き起こした曲亭馬琴の没後160年を記念し、その絢爛たる世界を紹介する「八犬伝の世界」展が、千葉市美術館で開幕しました。
 馬琴(1767〜1848)が、文化11年(1814)から天保13年(1842)までの長期にわたって執筆・刊行した「南総里見八犬伝」は、江戸で熱狂的な支持を受けました。
 江戸から現代に至るまで歌舞伎や、映画、漫画、文学などの題材になり、今なお私たちを魅了してやまない八犬伝の魅力に、歌川国芳らの錦絵から辻村ジュサブローの人形、碧也ぴんくの原画にいたるまで作品約250点を通して迫ります。10月26日まで。
 毎週水曜日にはギャラリートークが、9月20日には館山市市立博物館の主任学芸員・町田達彦氏の講演会が午後2時から開かれます。10月の土・日には、「八犬伝」の人形遣い体験もできます。参加費は無料。お問い合わせは、同美術館 (043・221・2311)まで。10月26日まで。

展覧会の内容はこちら


-
美術館連絡協議会 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社事業局 TEL.03-3216-8664 FAX.03-3216-8978