読売新聞へようこそ■イベント
美術館連絡協議会 美連協について English 美術館連絡協議会
-
トピックス
夏の恒例「企画会議」と今年初めての「研修セミナー」開かれる
2007/7/23
picture
芝浦の「見番」。かつて近隣の置屋の芸妓さんを派遣する仲介業務を担っていた建物だったが、現在は往時の面影はない。
 7月17日から19日にかけて、美連協の加盟美術館の若手学芸員を対象にした研修プログラム「学芸員研修セミナー」と、学芸員が日頃温めている展覧会企画を持ち寄り、互いに開催実現の可能性を探る「企画会議」を都内で開催しました。

 「学芸員研修セミナー」のテーマは、美術館活動の重要な分野のひとつである「教育普及」です。各地に点在する文化的資源や特色を生かして、地域の活性化に貢献するためには、忘れ去られた遺産に文化的な価値を見出す眼力が必要との理由から、フィールドワークとして東京・港区芝浦に存在する「見番」(=写真)など都内数か所を回りました。

 続く「企画会議」では、学芸員約20人が参加。海外で高い評価を受けながら国内では取り上げられる機会の少なかった写真家・柴田敏雄氏の活動を振り返る展覧会や、銭湯や通勤電車など身近な空間を舞台に繰り広げられる情景を独自のスタイルでアニメーション化した若手作家「束芋」(=たばいも、1975年兵庫生まれ)の個展などが将来企画として検討されました。


-
美術館連絡協議会 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社事業局 TEL.03-3216-8664 FAX.03-3216-8978