読売新聞へようこそ■イベント
美術館連絡協議会 美連協について English 美術館連絡協議会
-
展覧会紹介
20世紀の総合芸術家
イサム・ノグチ−彫刻から身体・庭へ−
2017/11/13
picture
イサム・ノグチ
《北京ドローイング(横たわる男)》
1930年 イサム・ノグチ庭園美術館(ニューヨーク)
©The Isamu Noguchi Foundation and Garden Museum, New York /Artist Rights Society [ARS] - JASPAR.
Photo by Kevin Noble.
彫刻をはじめ、舞台や家具、陶芸、ランドスケープ・デザインなど幅広く巨人的な活動をした20世紀を代表する芸術家イサム・ノグチ(1904〜1988)。特に抽象彫刻の分野にあっても常に“身体”を意識し、そうした意識が“空間の彫刻”=庭園への情熱へと拡大していったことに着目し、その幅広い活動を多方面から紹介する。

大分県立美術館
    2017年11月17日(金)〜2018年1月21日(日)
香川県立ミュージアム
    2018年4月7日(土)〜6月3日(日)
東京オペラシティアートギャラリー
    2018年7月14日(土)〜9月24日(月・振休)


-
美術館連絡協議会 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社事業局 TEL.03-3216-8664 FAX.03-3216-8978