読売新聞へようこそ■イベント
美術館連絡協議会 美連協について English 美術館連絡協議会
-
展覧会紹介
江戸に長崎がやってきた!
長崎版画と異国の面影
2017/2/3
picture
大和屋版「阿蘭陀船入津ノ図」
長崎歴史文化博物館
江戸時代、外国船が行きかう貿易都市・長崎では、異国趣味あふれる独自の絵画が生み出されました。
具体的には、中国の蘇州版画や江戸の錦絵の影響を受けながら、江戸中期から幕末にかけて「長崎版画」が発展。素朴な色彩や合羽摺りの技法、オランダや中国の人や船などの画題で知られました。
本展では、そうした「長崎版画」の魅力を紹介するとともに、その実態にせまります。

開館時間、料金などは開催館ホームページをご覧ください。
板橋区立美術館
2017年2月25日(土)〜3月26日(日)


-
美術館連絡協議会 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社事業局 TEL.03-3216-8664 FAX.03-3216-8978