読売新聞へようこそ■イベント
美術館連絡協議会 美連協について English 美術館連絡協議会
-
展覧会紹介
森羅万象を刻む−デューラーから柄澤齊へ
2016/6/9
picture
アルブレヒト・デューラー
≪メランコリアI≫
1514年 新潟県立万代島美術館蔵
誰もがいつも目にしているお札。
実はそこには線の世界が広がる。細い線や太い線、自由な流線や規則的な点線などで肖像や風景があらわされています。その多くはビュランと呼ばれる版画の彫刻刀から生み出されたものです。習得が非常に難しい技法で、制作にも長い時間がかかります。
本展では、アルブレヒト・デューラーから柄澤齊までビュラン作家の作品約200点を展示します。

開館時間、料金などは開催館ホームページをご覧ください。
町田市立国際版画美術館
2016年4月29日(金・祝)〜6月19日(日)


-
美術館連絡協議会 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社事業局 TEL.03-3216-8664 FAX.03-3216-8978