読売新聞へようこそ■イベント
美術館連絡協議会 美連協について English 美術館連絡協議会
-
展覧会紹介
実験工房展−戦後芸術を切り拓く−
2013/1/16
picture
山口勝弘《ヴィトリーヌ》1953年 神奈川県立近代美術館蔵
美術家と音楽家によって結成され、戦後美術の新たな展開を切り拓いた芸術家集団「実験工房」(Experimental Workshop 1951−1957頃)の全貌を紹介する展覧会です。

「実験工房」は1951年、造形作家の北代省三、山口勝弘、福島秀子、音楽家の武満徹、秋山邦晴、鈴木博義といった若手芸術家たちによって結成され、ダンス、演劇、映画といった、ジャンルを超えた様々な活動を行い、多くの先駆的な作品を残しました。
本展では、彼らの幅広い活動の軌跡を、絵画、立体、映像、写真の作品に加え、楽譜や公演プログラムなど関連資料の展示を通して紹介します。



開館時間、料金などは各開催館ホームページをご覧ください。

神奈川県立近代美術館 鎌倉・鎌倉別館 2013年1月12日(土)〜3月24日(日)


-
美術館連絡協議会 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社事業局 TEL.03-3216-8664 FAX.03-3216-8978