読売新聞へようこそ■イベント
美術館連絡協議会 美連協について English 美術館連絡協議会
-
展覧会紹介
「畠中光享コレクション 華麗なるインド−インドの細密画と染織の美−」
2012/11/15
picture
《恋人を想う女》18世紀後半-19世紀初期
本展覧会は、日本画家畠中光享氏が35年以上にわたり収集してきた、インドミニアチュール絵画(細密画)とインド染織のコレクションから厳選した約250点を紹介し、インドの美の世界を紹介するものです。

美しい線と鮮やかな色彩によって、小さな画面の中に豊かなロマンの世界を展開させたインドミニアチュール絵画。王族の肖像画や王達の生涯の中での重要な出来事などを描いたムガール絵画や、ラジャスタンやヒマラヤ丘陵地帯の諸藩主国で、王族の肖像画のほか、ヒンドゥー教の神々を描いたラージプト絵画など、16世紀から19世紀までに描かれた名作を、体系立てて展示します。

また、赤や黄色の色鮮やかに文様染された更紗や、複雑な絞り、日常的な刺繍から、考えられないほどの細かい宮廷や輸出用の刺繍など、古くから世界に影響を与えているインドの染織の精華も併せて紹介します。

開館時間、料金などは各開催館ホームページをご覧ください。
新潟市新津美術館 2012年11月3日〜12月26日
三鷹市美術ギャラリー 2013年4月13日〜6月23日


-
美術館連絡協議会 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社事業局 TEL.03-3216-8664 FAX.03-3216-8978