読売新聞へようこそ■イベント
美術館連絡協議会 美連協について English 美術館連絡協議会
-
展覧会紹介
「森村泰昌モリエンナーレ まねぶ美術史」
2012/4/19
picture
《MのセルフポートレイトNo.56/B(あるいはマリリン・モンローとしての私)》1995年 作者蔵
昨年紫綬褒章を受章した美術家・森村泰昌は、高校時代から新しい表現に出会うと、そのスタイルを『まねて』ドローイングや絵画作品を制作してきました。

本展では、岡本太郎、田中敦子、ワシリー・カンディンスキー、パウル・クレーなどの森村が影響を受けた作家の作品や資料と、それらの作品を『まねながら』森村が制作した絵画や写真などを一対にして、それらの作品につけられた森村自身の言葉と共に展示します。

数々の作家たちによって作り上げられた『美術史』と、「一人の青年・森村」が「美術家・森村」になる過程を辿った『私美術史』を約120点に及ぶ作品で紹介します。

開館時間、料金などは各開催館ホームページをご覧ください。
静岡市美術館 2012年4月7日〜6月10日
北九州市立美術館 分館 2012年7月28日〜9月2日
高岡市美術館 2012年9月22日〜10月28日


-
美術館連絡協議会 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社事業局 TEL.03-3216-8664 FAX.03-3216-8978