読売新聞へようこそ■イベント
美術館連絡協議会 美連協について English 美術館連絡協議会
-
展覧会紹介
アール・ブリュット・ジャポネ
2012/4/11
picture
佐久田祐一《ぼくの、失われたなじみ食堂をもとめて・・・》
2009年 作家蔵
2010年春から2011年初めまでパリ市アル・サン・ピエール美術館で開催された「アール・ブリュット。ジャポネ」展は、作品が公開されるとその力強い表現がパリ市民に話題となり、12万人を集めました。本展は同展の凱旋展となります。

「アール・ブリュット」とはフランス語で「生の美術」という意味。「アール・ブリュット」は従来の美術の観点や流通のシステムには収まりきらない優れた造形作品や創造性を包括する枠組みとなり、美術関係者、福祉関係者らを越えて広く社会的な関心を集めています。

日本の知的障害のある作家を中心とした63人の絵画や立体など680点を紹介します。



2012年4月7日(土)〜6月3日(日)高浜市やきものの里かわら美術館

2012年6月12日(火)〜9月2日(日)岩手県立美術館



-
美術館連絡協議会 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社事業局 TEL.03-3216-8664 FAX.03-3216-8978