読売新聞へようこそ■イベント
美術館連絡協議会 美連協について English 美術館連絡協議会
-
展覧会紹介
シャルロット・ペリアンと日本
2012/1/17
picture
シャルロット・ペリアン《竹製シェーズ・ロング》 1941年
1941 Chaise Longue Bambou, Charlotte Perriand
©Archives Charlotte Perriand – ADAGP, Paris & SPDA, Tokyo, 2011
20世紀の建築とデザインに画期的な刺激をもたらしたシャルロット・ペリアン(1903―1999)は、巨匠ル・コルビュジエとその従兄ピエール・ジャンヌレとの共同作業を経て、建築とインテリアに数々の優れた作品を残したフランスの女性デザイナーです。1940年の初来日以降、たびたび日本を訪れたペリアンは、日本を愛し、また多くの日本人に愛されてきました。今回の展覧会では、戦前戦後を通じて日本のデザイン界に多大な影響を与えたシャルロット・ペリアンと日本の関係に注目しながら、彼女の仕事の今日的意義をさぐります。

開館時間、料金などは各開催館ホームページをご覧ください。
神奈川県立近代美術館 鎌倉 2011年10月22日(土)〜2012年1月9日(月・祝)
広島市現代美術館 2012年1月22日(土)〜3月11日(日)
目黒区美術館 2012年4月14日(土)〜6月10日(日)


-
美術館連絡協議会 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社事業局 TEL.03-3216-8664 FAX.03-3216-8978