読売新聞へようこそ■イベント
美術館連絡協議会 美連協について English 美術館連絡協議会
-
展覧会紹介
『白樺』誕生100年 白樺派の愛した美術
2009/10/29
picture
山脇信徳 《雨の夕》
高知県立美術館寄託
雑誌『白樺』が創刊されて100年――。『白樺』は文芸雑誌として知られますが、毎号必ず海外の美術作品写真図版で紹介し、芸術評論も掲載する美術雑誌でもありました。『白樺』の同人たちの個性を尊重した主張は、当時の若い美術家から支持され、その後の日本人の美術の嗜好にも影響を及ぼしました。
 本展では、『白樺』がいち早く紹介したセザンヌやロダン、ロートレックやビアズリーなどの西洋の画家や彫刻家の作品、岸田劉生や梅原龍三郎、高村光太郎など白樺同人と密接に関わった日本人の作家の作品に加えて、同人の原稿や書簡など、『白樺』と美術との関わりを多面的に紹介します。

11月3日(火・祝)〜12月20日(日) 神奈川県立近代美術館 葉山


-
美術館連絡協議会 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社事業局 TEL.03-3216-8664 FAX.03-3216-8978