読売新聞へようこそ■イベント
美術館連絡協議会 美連協について English 美術館連絡協議会
-
展覧会紹介
氾濫するイメージ−反芸術以後の印刷メディアと美術 1960’s-70’s
2008/11/25
picture
横尾忠則『絵草子 うろつき夜太』
(柴田練三郎著、集英社、1975年)より
うらわ美術館蔵
©横尾忠則
 1960年代の美術界では前衛的な動向が様々に展開し、70年代に入ると禁欲的で内省的なコンセプチュアル・アートやもの派などが台頭しました。一方で、雑誌・漫画・広告など印刷メディアの世界では奔放なビジュアル・イメージが氾濫していた時代でした。本展の出品作家は横尾忠則、赤瀬川原平、粟津潔、宇野亜喜良、木村恒久、タイガー立石、中村宏、つげ義春。彼らが時代と切り結んだ豊かなイメージのポスターや装丁、挿絵、そして関連する絵画や版画、オブジェ等約650点を紹介します。

 開館時間、料金などは開催館ホームページをご覧ください。

うらわ美術館        2008年11月15日(土)〜 2009年1月25日(日)
八王子市夢美術館    2009年 4月4日(土)〜 5月17日(日)
足利市立美術館     2009年8月29日(土)〜10月12日(月)


-
美術館連絡協議会 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社事業局 TEL.03-3216-8664 FAX.03-3216-8978