読売新聞へようこそ■イベント
美術館連絡協議会 美連協について English 美術館連絡協議会
-
展覧会紹介
「鳥海青児と三岸好太郎」展
2008/9/11
picture
(左)鳥海青児《道化》・(右)三岸好太郎《道化》
20世紀初めに生まれた2人の画家、鳥海青児と三岸好太郎。彼らは美術団体「春陽会」への参加を通じて知り合い、若手作家のグループ「麗人社」での活動を展開し、大正末から昭和初期の時代に切磋琢磨しながら交流を深めました。1928年には三岸の故郷である北海道で数ヶ月をともにすごしました。
本展では、2人の画業を代表的な作品によりたどり、あわせて両者の接点について探ります。

北海道立三岸好太郎美術館  2008年9月13日(土)〜10月26日(日)
平塚市美術館           11月15日(土)〜2009年1月12日(月)



図版:(左)鳥海青児《道化》1939年 平塚市美術館蔵
(右)三岸好太郎《道化》1930-31年頃 北海道立三岸好太郎美術館蔵


-
美術館連絡協議会 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社事業局 TEL.03-3216-8664 FAX.03-3216-8978