読売新聞へようこそ■イベント
美術館連絡協議会 美連協について English 美術館連絡協議会
-
展覧会紹介
建築と暮らしの手作りモダン
アントニン&ノエミ・レーモンド
2008/4/17
picture
群馬音楽センター
1955-61年
 20世紀中盤に日本の近代建築の発展に大きな影響を与えたチェコ出身の米国人建築家、アントニン・レーモンド(1888−1976)とその妻でデザイナーのノエミ(1889−1980)の業績を合計200点を超す図面、写真、模型、家具、テキスタイルから紹介します。
 1919年に、帝国ホテルの建設のため、フランク・ロイド・ライトの助手として来日。第2次世界大戦前後の40年以上にわたり、日本国内の近代建築を手掛けました。その数は、群馬音楽センターやリーダーズ・ダイジェスト東京支社など数百点にのぼります。本展では、デザイナーであった妻ノエミの影響を受け、建築から内装、家具に至る総合的なデザインが生み出されたことにも着目しています。

2008年4月 5日(土)〜 5月25日(日)  高崎市美術館


-
美術館連絡協議会 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社事業局 TEL.03-3216-8664 FAX.03-3216-8978