読売新聞へようこそ■イベント
美術館連絡協議会 美連協について English 美術館連絡協議会
-
展覧会紹介
上海−近代の美術− SHANGHAI MODERN
2007/12/12
picture
劉徳六 ≪花卉十二幀≫
台湾・国立故宮博物院蔵
 本展では、19世紀後半から20世紀前半にかけて中国・上海で花開いた美術―書・画・篆刻の名品約200点を、国内外の所蔵品から紹介しています。特筆すべきは、台湾の故宮博物院から日本へ初めて出品されることです。

 清(しん)王朝(1636−1912)末期から中華民国の成立初期かけて、中国では美術史上、重要な位置を占める隆興期となりました。とりわけ、上海は、アヘン戦争による1842年の開港以来、海外との交易によって、空前の活況を呈し、美術界においても一大中心地となりました。一般にも理解しやすい鮮やかな色彩と力強い筆致が特徴の作品が数多く誕生しています。

開館時間、料金などは各会場のホームページをご覧ください。

2007年9月4日(火)−10月14日(日)  大阪市立美術館
 前期:2007年9月4日(火)−9月24日(月・祝)
 後期:2007年9月26日(水)−10月14日(日) 

2007年12月11日(火)−2008年1月27日(日) 渋谷区立松濤美術館
 前期:2007年12月11日(火)−12月24日(月)
 中期:2008年12月26日(水)−1月14日(月)
 後期:2008年1月16日(水)−1月27日(日)


-
美術館連絡協議会 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社事業局 TEL.03-3216-8664 FAX.03-3216-8978