読売新聞へようこそ■イベント
美術館連絡協議会 美連協について English 美術館連絡協議会
-
展覧会紹介
マルレーネ・デュマス−ブロークン・ホワイト
2008/4/11
picture
マルレーネ・デュマス
≪邪悪は凡庸である≫
1984年 油彩/キャンバス
125×105cm
Van Abbemuseum, Eindhoven 蔵
 現在、世界的に最も注目を浴びている女性アーティストのひとり、マルレーネ・デュマス(1953-, 南アフリカ生)の展覧会がついに日本で開催されます。現代社会が抱える複雑で多様な問題のなかに生命のきらめきをとらえる彼女の人物画は、国際展で高い評価を得て、パリのポンピドー・センター(2002) やニューヨークのニューミュージアム(2002)、シカゴ美術館(2003)などで大規模な個展が開かれています。
 本展は、注目が集まる新作のほか、絵画、ドローイングなど約150点から構成されます。2008年にロサンゼルス現代美術館(MOCA)とニューヨーク近代美術館(MoMA)で計画されている大回顧展に先駆け、マルレーネ・デュマスの主要な作品の全貌を紹介する日本で初めての展覧会です。

開館時間、料金などは各開催館ホームページをご覧ください。

東京都現代美術館         2007年4月14日(土)〜7月1日(日)
丸亀市猪熊弦一郎現代美術館 2007年10月21日(日)〜2008年1月20日(日)


「マルレーネ・デュマス−ブロークン・ホワイト」ホームページ


-
美術館連絡協議会 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社事業局 TEL.03-3216-8664 FAX.03-3216-8978