読売新聞へようこそ■イベント
美術館連絡協議会 美連協について English 美術館連絡協議会
-
展覧会紹介一覧
動物の木彫作品を手がける彫刻家・三沢厚彦氏の個展。新作を含む、約3メートルの大型作品から、ヤモリやコウモリなどの小型作品、セラミック作品などを展示。絵画アトリエ再現コーナーも設置します。開館時間、料金...
戦後日本の出版界で異彩をはなった生活家庭雑誌『暮しの手帖』の初代編集長、花森安治の生涯と仕事に焦点をあてた展覧会。花森安治(1911〜1978)は、1948年の創刊から没するまで30年間、『暮しの手帖...
日本万国博覧会の「太陽の塔」をはじめ、岡本太郎はその生涯に多くの壁画やパブリックモニュメントを手がけました。それらの壁画やモニュメントは、丹下健三、坂倉準三、磯崎新といった、建築家たちとの交流の場から...
茨城県近代美術館が開館30周年リニューアルオープンをめざし休館になるのに伴い、同美術館と栃木県立美術館の所蔵する洋画の名品を集めた企画展を開催します。展示はルノワール、モネ、シスレー、ピサロといった西...
戦後日本の木彫彫刻界の巨匠・砂澤ビッキ(1931〜1989)の本州で初めてとなる回顧展。砂澤ビッキは北海道の旭川市で生まれ、戦後1950年代にモダンアート協会や読売アンデパンダン展に彫刻を出品して注目...

歴史的な美術・工芸の伝統が日本の現代アーティストの表現にどのような影響を与えたかを考える展覧会。30〜40代の石井亨、木村了子、染谷聡、棚田康司、満田晴穂、山本太郎の6人を取上げます。 参考として歴...
過去4回に渡り、全国をブロックにわけて、幕末〜明治期の古写真を調査紹介してきた本シリーズの締めくくりとなる「総集編」。日本全国の美術館や博物館、資料館から選りすぐった、現存する貴重なオリジナル古写真と...
スロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで隔年開催される世界最大級の絵本原画のコンクール「ブラティスラヴァ世界絵本原画展(BIB)」。今回は、BIB創立50年周年を記念して、これまでにBIBに出品され...
20世紀写真史における巨匠、マヌエル・アルバレス・ブラボ(1902〜2002)の日本初の大型回顧展。 メキシコのブラボ・アーカイブの全面的な協力を得て、モノクロプリントや資料、ニュープリントなど約20...
ヨーロッパの高級陶磁器として名高い「ヘレンド」は、その芸術性の高さからヨーロッパの数多くの王侯貴族に愛され、ハンガリーの芸術を代表する存在となっています。 本展ではブダペスト国立工芸美術館やハンガリ...

「光画像を定着する」ことをイメージの本質とする写真作品および映像作品を追求し、1970年代より活躍してきた作家・山崎博の軌跡をたどる回顧展。代表シリーズ《HELIOGRAPHY》や《櫻》を軸として、1...
江戸時代、外国船が行きかう貿易都市・長崎では、異国趣味あふれる独自の絵画が生み出されました。具体的には、中国の蘇州版画や江戸の錦絵の影響を受けながら、江戸中期から幕末にかけて「長崎版画」が発展。素朴な...
中村光哉(1922〜2002)は、1984年に東京から横須賀に移り住み、2002年に亡くなるまでの18年間を横須賀で過ごしました。横須賀時代の作品には、漁船や網などの漁港の風景や、横須賀・三浦の風景が...
新たに発見された資料なども含め、日本における人と色の豊かな関係を確認します。具体的には、幕府が江戸時代に各藩に描かせた巨大で豪華な「国絵図」を取りあげます。江戸時代の国絵図は、その巨大さ、豊富な色彩、...
彫刻家・岡崎和郎(1930〜)は、作品の「複数性」にこそ存在意義を説く独特な世界観を貫き、日本で独自のマルチプル(複数の作品化)思想を打ち出しました。本展では、岡崎和郎作品の真骨頂である「Who's ...

ヨーロッパにキュビスムが登場した1910年代以降、日本の作家たちがどのようにキュビスムを受け入れたかを紹介する展覧会。洋画だけでなく、日本画や彫刻などの分野に横断的に発生した日本におけるキュビスムと受...
西洋美術が紹介される機会が増大するとともに、その影響を受けながら自己表現の追求が高まりを見せた明治末から大正期の美術を、洋画を中心に回顧する展覧会です。岸田劉生や木村荘八ら若い画家たちの活動をプロデュ...
異文化との交流や自然美の発見など、イギリスの美術は旅とのかかわりを重要な契機として展開してきました。本展では、18世紀のグランド・ツアーに始まり、その後、産業革命に伴って発達した交通手段や庶民のレジャ...
日本美術のなかで表現されている「月」をテーマに、日本人に脈々と流れる「月」への嗜好を再確認します。具体的には「名所の月」「文学と月」「信仰と月」などのくくりで月を捉え、さらに、月とのとりあわせの観点か...
朝井閑右衛門(1901〜1983)は戦前、光風会展などを中心に作品を発表し、1936年文部省美術展覧会に、大作 《丘の上》 を発表し文部大臣賞を受賞、一躍画壇の寵児となりました。戦後は既成画壇から離れ...

  次の20件へ


-
美術館連絡協議会 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社事業局 TEL.03-3216-8664 FAX.03-3216-8978