読売新聞へようこそ■イベント
美術館連絡協議会 美連協について English 美術館連絡協議会
-
展覧会紹介一覧
鮮やかな発色が魅力の画材・パステル。武内鶴之助(1881〜1948)と矢崎千代二(1872〜1947)という、パステルに魅せられた2人の先駆的な画家を中心に、日本におけるパステル画の展開を約200点の...
彫刻家・三沢厚彦が樟の丸太から生み出す実物大の動物作品「ANIMALS 」。 動物たちが居場所を見つけた館の主となった三沢が、親交の深い彫刻家の舟越桂、画家の小林正人と杉戸洋、写真家の浅田政志をゲス...
フランス文学者・鹿島茂氏が所蔵する西洋古書・版画のコレクションから、フランスの絵本や子ども向けの雑誌など、約300点を初公開します。19世紀半ばに出版された、ジュール・ヴェルヌの「驚異の旅」シリーズや...
四季折々の草花や樹木に、小鳥をはじめ小動物や昆虫、魚などを取り合わせた花鳥画。 江戸時代の版画において、花鳥画がどのように展開したかを概観する展覧会です。 菱川師宣をはじめ、歌川広重、葛飾北斎、伊...
岡倉秋水、岡不崩、高屋肖哲、本多天城の4人は、明治10年代より狩野芳崖(1828〜1888)に師事し、「芳崖四天王」と称されました。芳崖の代表作《悲母観音》(重要文化財)のほか、4人の代表作を公開しま...

ヨーロッパの高級陶磁器として名高い「ヘレンド」は、その芸術性の高さからヨーロッパの数多くの王侯貴族に愛され、ハンガリーの芸術を代表する存在となっています。 本展ではブダペスト国立工芸美術館やハンガリ...
戦後日本の出版界で異彩をはなった生活家庭雑誌『暮しの手帖』の初代編集長、花森安治の生涯と仕事に焦点をあてた展覧会。花森安治(1911〜1978)は、1948年の創刊から没するまで30年間、『暮しの手帖...
実際の観察にもとづく生き物から想像上の不思議な生物まで、様々ないきものをテーマにした古今東西の版画を町田市立国際版画美術館の収蔵品100点を中心に展示します。現在活躍中の若手版画家の生物を描いた版画も...
猪熊弦一郎作品と詩人、谷川俊太郎の文章からなる絵本「いのくまさん」(2006年小学館刊)を基に、猪熊弦一郎の代表作品や、スケッチ、彼が集めたおもちゃなどによって構成。谷川の詩が展覧会を案内します。開館...
スロヴァキア共和国の首都ブラティスラヴァで隔年開催される世界最大級の絵本原画のコンクール「ブラティスラヴァ世界絵本原画展(BIB)」。今回は、BIB創立50年周年を記念して、これまでにBIBに出品され...

動物の木彫作品を手がける彫刻家・三沢厚彦氏の個展。新作を含む、約3メートルの大型作品から、ヤモリやコウモリなどの小型作品、セラミック作品などを展示。絵画アトリエ再現コーナーも設置します。開館時間、料金...
日本万国博覧会の「太陽の塔」をはじめ、岡本太郎はその生涯に多くの壁画やパブリックモニュメントを手がけました。それらの壁画やモニュメントは、丹下健三、坂倉準三、磯崎新といった、建築家たちとの交流の場から...
茨城県近代美術館が開館30周年リニューアルオープンをめざし休館になるのに伴い、同美術館と栃木県立美術館の所蔵する洋画の名品を集めた企画展を開催します。展示はルノワール、モネ、シスレー、ピサロといった西...
戦後日本の木彫彫刻界の巨匠・砂澤ビッキ(1931〜1989)の本州で初めてとなる回顧展。砂澤ビッキは北海道の旭川市で生まれ、戦後1950年代にモダンアート協会や読売アンデパンダン展に彫刻を出品して注目...
歴史的な美術・工芸の伝統が日本の現代アーティストの表現にどのような影響を与えたかを考える展覧会。30〜40代の石井亨、木村了子、染谷聡、棚田康司、満田晴穂、山本太郎の6人を取上げます。 参考として歴...

過去4回に渡り、全国をブロックにわけて、幕末〜明治期の古写真を調査紹介してきた本シリーズの締めくくりとなる「総集編」。日本全国の美術館や博物館、資料館から選りすぐった、現存する貴重なオリジナル古写真と...
20世紀写真史における巨匠、マヌエル・アルバレス・ブラボ(1902〜2002)の日本初の大型回顧展。 メキシコのブラボ・アーカイブの全面的な協力を得て、モノクロプリントや資料、ニュープリントなど約20...
「光画像を定着する」ことをイメージの本質とする写真作品および映像作品を追求し、1970年代より活躍してきた作家・山崎博の軌跡をたどる回顧展。代表シリーズ《HELIOGRAPHY》や《櫻》を軸として、1...
江戸時代、外国船が行きかう貿易都市・長崎では、異国趣味あふれる独自の絵画が生み出されました。具体的には、中国の蘇州版画や江戸の錦絵の影響を受けながら、江戸中期から幕末にかけて「長崎版画」が発展。素朴な...
中村光哉(1922〜2002)は、1984年に東京から横須賀に移り住み、2002年に亡くなるまでの18年間を横須賀で過ごしました。横須賀時代の作品には、漁船や網などの漁港の風景や、横須賀・三浦の風景が...

  次の20件へ


-
美術館連絡協議会 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社事業局 TEL.03-3216-8664 FAX.03-3216-8978