読売新聞へようこそ■イベント
美術館連絡協議会 美連協について English 美術館連絡協議会
-
奨励・助成制度 受賞者一覧

美連協では、次の4つの奨励・助成制度を設け、公立美術館の活動を支援しています。

  1. 海外研修派遣制度:加盟館の学芸員を中心とした館員を、外国の美術館、大学、研究施設に派遣
  2. 美術館活動助成制度:美術館の地域活動、美術館同士のプロジェクト、学芸員の個人研究などへの助成
  3. 美連協大賞・同奨励賞:内容に優れ、話題性に富んだ企画を顕彰
  4. 美連協カタログ論文賞:優れたカタログ論文を顕彰
受賞者紹介2010年 美連協大賞(美術館表彰)
展覧会名 美術館名
異色の芸術家兄弟
橋本平八と北園克衛展
三重県立美術館
世田谷美術館
2010年 美連協大賞「奨励賞」(美術館表彰)
展覧会名 美術館名
彫刻家 エル・アナツイのアフリカ展 国立民族学博物館
神奈川県立近代美術館 葉山
鶴岡アートフォーラム
埼玉県立近代美術館
ロボットと美術 
機械×身体のビジュアルイメージ
青森県立美術館
静岡県立美術館
島根県立石見美術館
Alternative Humanities
〜新たなる精神のかたち ヤン・ファーブル×舟越 桂
金沢21世紀美術館
森村泰昌モリエンナーレ/まねぶ美術史 高松市美術館
受賞者紹介2010年 美連協カタログ論文賞

「優秀論文賞」(個人表彰) 【美連協展部門】

展覧会名 氏名
高山登1968-2010 遊殺 和田 浩一
(宮城県美術館)
生誕100年 彫刻家 辻晉堂展 尾﨑 信一郎
(鳥取県立博物館)

「優秀カタログ賞」(美術館表彰) 【美連協展部門】

展覧会名 美術館名
長谷川潾二郎展 平塚市美術館
下関市立美術館
北海道立函館美術館
宮城県美術館

「優秀論文賞」(個人表彰) 【自主展部門】

展覧会名 氏名
さっぽろ・昭和30年代
−美術評論家なかがわ・つかさが見た熱き時代―
吉崎 元章
(札幌芸術の森美術館)
ラヴズ・ボディ−生と性を巡る表現 笠原 美智子
(東京都写真美術館)

救いのほとけ
−観音と地蔵の美術−

佐々木 守俊
(町田市立国際版画美術館)

「優秀カタログ賞」(美術館表彰) 【自主展部門】

展覧会名 美術館名
田中一村 新たなる全貌 千葉市美術館
鹿児島市立美術館
田中一村記念美術館

「特別賞」(個人表彰) 【自主展部門】

展覧会名 美術館名
こどものにわ 難波 祐子
(東京都現代美術館)
2011年度 海外研修派遣者
派遣先 氏名
アメリカ
(ニューヨーク)
濱田 真由美
(新潟県立近代美術館)
(現・新潟市美術館)
アメリカ
(ボストン、ニューヨーク)
道田 美貴
(三重県立美術館)
2011年度 美術館活動助成

【美術館事業】(美術館助成)

活動名称 美術館名
<教育普及>
「あたってコ!」−つくる展覧会プロジェクト
十和田市現代美術館
<教育普及>
ワークショップ・ドマ(DOMA秋岡芳夫展)
目黒区美術館
<調査研究>
小林清親と井上安治の風景版画に関する調査・研究
山口県立萩美術館・浦上記念館
<教育普及>
美術鑑賞講座(アートモバイル)事業
香川県立ミュージアム
<教育普及>
国際シンポジウム「韓国美術史研究のいま」
福岡市美術館

【個人(グループ)事業】(個人助成)

研究テーマ 氏名
展覧会「(仮)空間のジャパネスク
〜和様のデザイン感覚」のための調査研究
佐藤 秀彦
(郡山市立美術館)グループ4名
「語られる技・生きる伝統」
伊勢型紙オーラルヒストリー
生田 ゆき
(三重県立美術館)
奨励・助成制度 過去の結果
2006年 | 2007年 | 2008年 | 2009年 | 2010年 | 2011年 | 2012年 | 2013年 | 2014年 | 2015年 | 2016年


-
美術館連絡協議会 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社事業局 TEL.03-3216-8664 FAX.03-3216-8978