読売新聞へようこそ■イベント
美術館連絡協議会 美連協について English 美術館連絡協議会
-
一品・逸品 〜開催中の展覧会から〜
日本の美術館名品展
2009/6/8
picture
岡鹿之助
《遊蝶花》
1951年
下関市立美術館蔵
 岡鹿之助(1898〜1978)の代表作。
 遊蝶花(三色すみれ)が雪景色の中に描かれている。フランスの詩人グウルモンの詩(上田敏訳)のなかから「遊蝶花」と言う言葉を見つけ、名付けられた。
 15年間パリで研鑽を積み、独自のマチエール(絵肌)を生涯追求した。三色すみれと雪は彼がくり返し描いたモチーフ。「どこにも咲いていない私の三色すみれを咲かせたい」。彼にとって三色すみれは自分の心持を託すことのできる最良の花であった。


7月5日(日)まで東京都美術館(上野公園内)で開催中。

 ・「日本の美術館名品展」展覧会紹介

 ・公式ホームページ(別ウインドが開きます)


-
美術館連絡協議会 〒100-8055 東京都千代田区大手町1-7-1 読売新聞東京本社事業局 TEL.03-3216-8664 FAX.03-3216-8978